東京都中央区銀座三丁目14番13号 第一厚生館ビル5階

東京メトロ・都営地下鉄「東銀座」徒歩2分、「銀座駅」徒歩8分※歌舞伎座タワーのすぐ裏です!
 

TEL:03-5735-5157 / FAX:03-6745-5654

E-Mail:info@tla-admin-office.com

受付時間:平日:10:00~18:00、土日祝:要予約

©行政書士TLA観光法務オフィス

当サイトに使用している画像や文章、業務内容等の一切の情報は、行政書士TLA観光法務オフィスに所属します。

  • s-facebook
 

ドローン

 

【2015年12月10日改正航空法が施行されました!】

●航空法改正で何が変わったか…

重量200グラム以上(本体・エンジン合計)の無人航空機が新しく規制されます!

・飛行禁止空域での飛行は国土交通大臣への許可申請が必要です

・飛行方法によっては国土交通大臣への承認申請が必要です

 

無人航空機とは…

構造上人が乗ることができないもので、遠隔操作や自動操縦により飛行させることができるもので、重量が200グラム以上のものをいいます。

具体的には、ドローン(マルチコプター)、ラジコン、農薬散布用ヘリコプターなどが該当します

 

無人航空機の飛行の許可が必要になる区域とは…

A.空港の近く

B.A以外の空域であって、地表又は水面から150メートル以上の高さの空域

C.人又は家屋の密集している地域の上空

A.の空域において飛行の許可申請を行う場合は、事前に空港等設置管理者及び空域を管轄する機関と調整が必要です

ドローン無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

無人航空機の飛行の方法とは…

(1)日の出から日没までに飛行させること

(2)肉眼で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること

(3)人又は物件と無人航空機との間に30m以上の距離を保って飛行させること

(4)お祭りや展示会等、多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

(5)爆発物などの危険物を輸送しないこと

(6)無人航空機から物を投下しないこと

これらのルールによらず飛行をさせる場合は、国土交通大臣の承認が必要となります

ドローン承認が必要となる飛行の方法

許可・承認申請サポートパック

50,000円~(税抜)

 

●サービス内容

お客様との事前相談から始まり、必要書類の作成や提出まで、許可・承認取得に必要な手続きを代行いたします!

 

●作成する書類一覧

申請には以下の書類が必要です。

※申請内容によって、書類の種類は増減します

ドローンの飛行についての許可・承認申請書(様式1)

 ●氏名及び住所

 ●ドローンを特定するために必要な事項

 ●飛行の目的、日時、経路及び高度

 ●許可、承認が必要な理由

ドローンの機能・性能の基準適合確認書(様式2)

 ●製造者

 ●名称

 ●重量

 ●製造番号等

 ●改造の有無

ドローンを飛行させる者についての飛行経歴・知識・能力確認書(様式3)

 ●過去の飛行実績や訓練状況等の報告資料の作成

飛行マニュアル

 ●ドローンの点検、整備方法や安全を確保する

  ために必要な体制等について